» » 店内の展葉と宮光園2

店内の展葉と宮光園2

posted in: 葡萄の生育のこと | 0

こんにちは。

店主です。

まず、店内の葡萄の近況です。

Rimg0123_2 どんどん大きく育ち、葉が4枚、真ん中に蕾が

Rimg0124_2 別の芽も開いてきました

近所に大きなハウス栽培の建物があったので覗いてみると、

中は葡萄の葉が生い茂っていました。

Rimg0114_2 大きな葉がいっぱいです

Rimg0115_2 しかも、既に結実してます

ハウス栽培のデラウエアのようです。

そうそう、「宮光園」の続きを・・・・・・・・

宮光園は宮崎光太郎が創業した宮崎葡萄酒醸造所と観光農園の総称です。

明治10年(1877)祝村下岩崎(現甲州市勝沼下岩崎)に設立された我が国初の

ワイン醸造会社である大日本山梨葡萄酒会社が明治19年(1886)に解散した後、

醸造器具等一切を引き継いで、フランスでワイン造りを習得した土屋龍憲とともに

操業を開始しました。

宮光園には、ワイン醸造や観光葡萄園に関する膨大な資料群が残されており、

中でも古写真は醸造や皇族の行啓、行幸の様子がわかる貴重なものです。

(宮光園パンフレットより抜粋)

Rimg0125 ガラス越しですが、宮崎光太郎説明文です

Rimg0119 メルシャンの前身、大黒葡萄酒の看板とボトル

Rimg0124 一番右は明治10年の台帳です

Rimg0127 建物内の床の間は風情があります

Rimg0126 下の写真の場所を内側から撮影

Rimg0121 庭から見た主屋角っこ

Rimg0129 昔の写真がまだまだいっぱいです

Rimg0130 昭和天皇が行啓した時の写真も

Rimg0132

この葡萄棚の場所は現在シャトー・メルシャン・キャフェテリアになってます

Rimg0133

玄関右手には昔のメルシャンのシンボル大黒様が

新しい勝沼の観光スポットです。是非、皆さん足を運んで下さい。

私たちはお店で皆さんのお越しをお待ちしております。

【宮光園】

山梨県甲州市勝沼町下岩崎1741 〒409-1313

※シャトー・メルシャンさんと蒼龍葡萄酒さんのすぐご近所です。

Leave a Reply